豊胸手術で失敗したときの対処方法について

豊胸手術は大きく分けて3つの手術方法がある

女性にとって胸の大きさや形というのはとても大事なことですから、形が歪んでいたり、胸が小さいということはコンプレックスになってしまいます。
胸にコンプレックスを持っていたら、背中を丸めるように胸を隠そう無意識に行うこともありますし、洋服を着こなすことができないこともあります。
そこでコンプレックスを改善する方法として、豊胸手術を行うことを選ぶことは1つの手段になります。
豊胸手術には、大きく分けて3つの手術方法があります。
シリコンが入っている袋を入れる方法、自分の他の部分から脂肪を取り出して注入する方法、そしてヒアルロン酸を注入する方法です。
手術は美容クリニックで受けることができ、どの手術もそれほど難しくありませんし、手術を受けるときは麻酔を使用するので痛みも少ないというのが魅力です。
ただ、難しい手術ではなくても、身体にシリコンや脂肪、ヒアルロン酸を注入する手術ですから、失敗してしまうことがあります。
医師のスキルの高さによっても、仕上がりが左右されるので、まず一番大事なことは、信頼できるクリニックと医師をさがすということです。

豊胸手術に失敗をしてしまった

ヒアルロン酸豊胸術を経験しましたが半年くらいで萎んでしまったので、改めてまた豊胸手術を受けようと考えています。
確実かつ大幅にサイズアップさせるにはソフト・コヒーシブシリコン一択になりそうです。脂肪注入法は脂肪吸引が必要だしどれだけ定着してくれるかは口コミでもまちまちですからね。

— タウン形成外科【厳選名医】Stop自殺-青森・口コミ・2ch・成功失敗 (@31fks) 2018年8月5日

豊胸手術をしたのですが、残念な事に失敗をしてしまいました。
手術自体は成功をして問題なかったのですが、何が駄目だったかというと思っていたよりも形が悪くて、違和感がたっぷりだったのです。
はっきり言ってしまえば豊胸手術をしたという事が丸わかりという感じで、これだったら元のままのほうが良かったのではと思えるような出来でした。
手術として失敗をしているわけではありませんし、これで満足をする事が出来る人もいるようなので、自分のわがままという事になってしまうわけですが、ここまで違和感があるとは思っていなかっただけに、これはかなり精神的に負担が大きいものでした。
服をきた状態であれば見た感じの違和感はありませんから、その点に関してはまずまずの結果になったと言えますが、それだったらパットを入れても同じ事になりますから、わざわざ豊胸手術をしなくても良かったわけで納得の出来る結果になったとは言えません。
元に戻すにしてもまたお金がかかってしまいますし、本当に元通りになるのかも心配でどうしたら良いのか悩んでいます。
豊胸手術をするにしても結構な費用がかかってしまいましたから、何一つ良い事がなかったので本当に残念です。

手術を受ける前に、念入りにカウンセリングや打ち合わせをして、納得してから手術を受けることが大切です。

豊胸手術は大きく分けて3つの手術方法がある豊胸手術の失敗例痛みや腫れが出てしまうことも豊胸手術によって起こった失敗談