豊胸手術で失敗したときの対処方法について

豊胸手術の失敗例

豊胸手術 失敗 | 豊胸・脂肪注入で他院で失敗された方へ【南クリニック】

ただ、豊胸手術として失敗したときのことも考慮しておかなければなりません。
シリコンバッグの手術は、注入するシリコンの大きさを選ぶことができるので、かなり大きな胸を実現することが可能です。
ただ、シリコンバッグを入れたときに、安定した位置におさまらずにずれてしまうと、胸の形がいびつになってしまうので、失敗することになります。
そうなったら、一度シリコンバッグを取り出して、再び入れ直すということが必要になります。
ただ成功した場合は、シリコンバッグは永久的な効果を得ることができます。
そしてもう1つの手術方法である脂肪注入は、自分の脂肪を取り出して胸に注入する方法ですが、痩せ過ぎなどの場合は必要な分の脂肪が取り出せないことがあります。
必要な量の脂肪が取り出せないと判断されたときは、途中で手術を中断することになり、別の方法を模索することになります。
脂肪注入手術の場合は、自分の脂肪を身体に入れるので馴染みやすく、自然な仕上がりになるというのが魅力です。
一度脂肪を入れると、シリコンバッグと同じように、永久的に効果が続くというのも大きなメリットになります。

豊胸手術は大きく分けて3つの手術方法がある豊胸手術の失敗例痛みや腫れが出てしまうことも豊胸手術によって起こった失敗談